カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
鹿北茶トップ画像
Process

鹿北茶ができるまで

茶摘みから製品になるまで『12』もの工程を経て製品化されます。

生茶葉100kgから作られる製品(仕上茶)は、約12〜18kgです。

  • 1

    茶摘み

    毎年、4月下旬ごろからお茶摘みが始まります。お茶の葉は手で摘んだり2人用の茶摘み機や乗用の茶摘み機で摘み取られます。
  • 2

    蒸熱(じょうねつ)

    お茶の生葉は、みどり色を保ったり、青臭さを取るために高温の蒸気で蒸します。蒸す時間は、玉緑茶で30〜80秒。
  • 3

    葉打(はうち)

    蒸しあがったばかりのお茶の葉を、葉ぶるい攪拌(かくはん:かき混ぜる操作)しながら、熱風で乾かします。お茶の葉特有の色合いが保たれます。時間は8〜15分。
  • 4

    粗揉(そじゅう)

    お茶の葉を攪拌したり、揉んだりしながら熱風で乾かします。お茶の色合いや風味はここで作られます。
  • 5

    揉捻(じゅうねん)

    お茶を作る工程で、唯一熱を加えない工程です。形を整えながら、茶葉全体の水分を均一にします。時間は40〜50分。
  • 6

    中揉み(なかもみ)

    揉捻工程で、団子状になった茶葉を、解したり揉んだりしながら、水分を熱風で均一に乾かします。時間は10〜16分。
  • 7

    中揉(なかじゅう)

    お茶の葉を軽く揉みながら、熱風で乾燥を進めます。均一に水分を除き、茶葉を擦りながら細くする工程です。時間は25〜35分。
  • 8

    再乾(さいかん)

    玉緑茶と煎茶の違いはこの工程です。茶葉を回転させ乾かし、お茶の葉自らの力を借りて形を作ります。時間は第一再乾20〜25分、第二再乾9〜12分。
  • 9

    乾燥

    ここで十分に乾燥させます。これによってお茶は貯蔵しやすくなり、このお茶を「荒茶(あらちゃ)」といいます。温度70~80℃、時間30〜40分。
  • 10

    仕上

    形状がふぞろいの荒茶をふるいにかけて、大きいお茶を取り除いたり、静電気を使って茎を取ります。
  • 11

    選別

    仕上機でとり切れなかった茎を取ります。エアー(圧縮空気)で白い色の茎茶だけを抜き出します。
  • 12

    合組(ごうぐみ)
    袋詰め

    毎日出来上がったお茶を、ランク別に混ぜ合わせ袋に詰めて出荷します。
お茶摘みの写真

工程1:茶摘みの風景

お茶製造工程の写真

加工場へ茶葉を持ち込む様子

お茶製造工程の写真

工程2:蒸器から出てきた様子

お茶製造工程の写真

工程2:蒸器から出てきた様子

お茶製造工程の写真

工程5:揉捻(じゅうねん)

お茶製造工程の写真

About

緑茶のふるさと熊本

お茶といえば静岡県や福岡県が有名ですが、実は熊本は県内全域でお茶が生産されているお茶どころです。
熊本で最もよく飲まれているお茶は「玉緑茶」で、日本有数の生産量を誇ります。

山鹿お茶街道

山鹿市の北部を通る県道18号は「山鹿お茶街道」とも呼ばれ、道沿いに山鹿茶を生産販売するお店がいくつもあります。
おいしいお茶ができるのには、山間を流れる渓谷の清水から潤いを得るその地形が関係しており、程よい湿度と日差しにより、やさしく茶葉は育ちます。

蒸し製玉緑茶

全国でよく飲まれているのは煎茶ですが、熊本で最も多く飲まれているのは蒸し製玉緑茶です。
爽やかな味と甘み、豊かな香りが特徴です。

Q & A
Q、鹿北茶の味の特徴は?

上品で風味豊かなお茶です。お茶といえば静岡茶や福岡県の八女茶が有名ですが、そちらに負けない香りと味わいです。

Q、収穫時期はいつ?

毎年5〜6月頃に収穫され、収穫してすぐに加工されます。

Q、価格の違いは何の違い?

ベテランの茶葉職人が毎年、茶葉の色、飲んだ時の仕上がり具合を比較しランク付けをしております。
価格が高いものはかぶせ(遮光)してひと手間掛けた一番茶の中でも、出来が良いものを選抜しています。
リーズナブルなものは一番茶と二番茶をブレンドし、さらに1袋の茶葉の容量が多くなっています。
目的や飲む頻度に合わせてお選びください。

Q、開封前の茶葉の保存方法は?

袋詰めされた茶葉は密封した状態であれば、そのままの状態で保管します。

Q、開封後の茶葉の保存方法は?

開封後は酸化を防ぐため、密閉性と遮光性を兼ね備えた容器を使用し、冷蔵庫ではなく冷暗所にて保管するのがおすすめです。
温度や湿度、空気や光などの影響を受けやすいため、品質が劣化しないように保存することがポイントです。

TOPへ